英国出張

英国に5日間の強行スケジュールで行ってきました。懐かしい人と色々会って話しができて良かったです。飛行機の中では校正原稿と格闘していたのだけど、「自閉症スペクトラム」と記載すると、ほぼ必ず「自閉スペクトラム症」と修正されるのは、いい加減に勘弁して欲しい。確かにDSM−5の訳語として精神神経学会がガイドラインで書いてあるのだけど、別に私はDSM-5を使っているとは言っていない。ウイングの概念はDSM-5以前にあった話だし。中には発達障害者支援法について記載しているのに、その中の用語まで「自閉スペクトラム症」と直される。校正者によってはアスペルガー症候群と書くと、「「自閉スペクトラム症」に変更して良いですか?DSM-5では、アスペルガー症候群の呼称はなくなりました。」とかコメントしてくる。さすがに、そのくらいは知っています。NHKフォーラムのレジュメも一度は「自閉スペクトラム症」に直されたが、担当者に説明して「自閉症スペクトラム」に戻してもらった。そんなにDSMー5に従いたいなら「発達障害」という用語もやめて「神経発達症群」にしなければならないはずなのに、「発達障害」の用語はNHKはじめ、皆使っている。なんか変。英国では、英国自閉症のスタッフも、多くの臨床家も、当事者もDSMはあまり気にしていないので、Autisc SpectrumとかAspergerとか普通に使っている。なんで日本は、こんなにアメリカ精神医学会の診断基準に忠実なんだろう

震災後

震災後6年以上がたって、地元の支援者から、さまざまな本音が聞かれるようになった気がする

がやがやなみだ

がまん

やくそくでしょ

がんばれ

やめなさい

慣れなさい

みんなと一緒に

だめでしょ

以前、苦手な先生の特徴を「がやがやなみだ」とまとめたことを思い出しました。こういう仕事をしていると、先生との「交流」する機会はどうしてもあるのですが、「がやがやなみだ」系の単語が頻出する先生は苦手です。まあ、自分の小学校時代の思い出でもあるのですが。50年たっても、覚えているのだから我ながら執念深い

あいのこそだて

wisc-ivだけの申込み

よこはま発達相談室ではwisc-ivなどの知能テストだけの申込みはお受けしておりません。テストは支援の一部として活用するもので、テスト結果の数値だけお伝えしても意味があまりないと思うからです。